に投稿 コメントを残す

家族みんなで飲めるノンアルコール甘酒「おはな」

ノンアルコール甘酒おはな

朝晩の冷え込みが厳しい時、
できるだけ朝一で温かいものを飲むようにしています。

白湯、紅茶、緑茶、ホット甘酒。

私はこれまで完全なコーヒー派だったのですが、
紅茶の持つ殺菌効果を知ってからというもの
すっかり紅茶好きになりました(単純…笑)。

今は、その日の気分に合わせてあたたかい飲み物を変えています。

さらに、継続して行っているのは「毎日発酵食品を摂ること」です。

ヨーグルト、納豆、お味噌汁、キムチやお漬物、甘酒…。

何かしらの発酵食品を毎日摂るように心がけています。
だからなのか、便秘というものがありません。
さらには便臭もさほどありません。

「体調が良いな」
と、自分で感じるので続けています。

そして、最近のお気に入りがホット甘酒です。
イリオスマイルで販売している「ノンアルコール甘酒 おはな」を
その日の気分に合わせて『どの味にしようかな~』と選ぶのが楽しみになっています。

スタッフの志摩もホット甘酒がお気に入りのようで
「ホットにすると素材の味をより感じて美味しいんですよね~」
と、言っていました。

ここで、
「おはなって乳酸菌が入っているんでしょ?温めちゃって効果は落ちないの?」
という、疑問が生じた方もいらっしゃるかもしれません。

乳酸菌には「生菌」と「死菌」があります。
生菌は、熱や胃酸に弱いので、生きたまま腸に届くのは難しいという特徴があります。
しかし胃酸で分解されてしまっても、善玉菌の餌になったり、生菌にしかない効果もあります。

一方、死菌は
すでに死んでいる菌なので熱や胃酸の影響を受けにくいという特徴があります。
菌によっては、生きている時よりも効果が高くなる種類もいます。

と、いう特徴があります。

おはなに使用されている乳酸菌は「死菌」にあたります。
だから、ホットにしても効果などに影響はほぼないと言われています。

乳酸菌には即効性がなく時間をかけて腸内に働くので、
一度摂取すれば善玉菌の多い状態になるというものではありません。

また腸内に留まったり繁殖するものではなく、
腸内の善玉菌のエサとなって善玉菌を増やす役割を果たしてくれるので
定期的に摂る必要があります。

最低でも、2~3週間くらいは続けて摂取して腸内環境を整えて下さい。
続けていくことによって体調がよくなったり、
排便が安定してくるものが自分に合っている乳酸菌だと言えますので
是非、自分に合う乳酸菌探しをしてみて下さいね。

そして、その乳酸菌探しに「おはな」も是非加えてみて下さいね。

『ノンアルコール甘酒 おはな』は全6種のフレーバーがあります。
やっぱり一番人気はプレーンですが、意外にもトマトやキウイも人気です。
より甘さがあって私は大好きです。

いろんな味を是非味わって頂きたいと思い、
「おはな飲み比べセット」を作りました。

期間限定で送料無料になっております!

まだお試しになっていない方は、
是非この機会に「ノンアルコール甘酒 おはな」をお試しになって下さいね。
寒い季節は季節はホットで、暑い季節はキンキンに冷やしたりソーダ割りもおすすめですよ♪

ノンアルコール甘酒 おはな 飲み比べセットはこちらからどうぞ!