に投稿 コメントを残す

必ずやってくるその日をどう迎えるか…

※これは2020/10/15 ミルクが亡くなった日の早朝に書いたメルマガの記事です

 

こんにちは。
イリオスマイル店長の川口でございます。
いつも当店をご利用下さいまして誠にありがとうございます。

ここのところ、あまり文章を書く気力が湧かずにおりました。

「あれ?最近のメルマガ語り少なくない??」
と、思われていた方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は、10月に入って看板犬ミルクの容態が思わしくありません。

ここ数か月食欲が落ちていることはメルマガなどでも何度も書かせて頂きました。
元々食べることが大好きなミルク。
そんなミルクがごはんを食べない姿は、私にとって非常にショックなことでした。

年齢のせい?(ミルクは8月で17歳を迎えました)
暑さのせい?(今年の夏は暑かった)
お鼻のせい?(ミルクは口腔内の状態があまり良くなくお鼻がズルズルしていました)
様々な要因が重なっていたんだと思います。

しかし、ヤギミルクや甘酒などを喜んで飲んでくれたり
8/13の17歳の誕生日には私が手作りしたバースデーケーキをモリモリ食べてもくれました。
(ミルクには20歳を迎えて欲しいと本気で思っていました。まだ諦めていませんが…)

そんなミルクが、10月に入って一切固形物を口にしなくなりました。
そこで、ad缶にヤギミルクを混ぜて数日あげ、週末に病院へ行き検査してもらいました。

その結果、「鼻腔内腫瘍」と「脾臓の状態が良くない」という診断でした。
レントゲンの結果、鼻腔内腫瘍は随分大きくなっているとのことで
院長先生によると『そう長くはないだろう…』との診断でした。

私も主人も茫然。

ついこの前まで、
ごはんを食べ、
おしっこもうんちの状態も問題なく、
自分で家中歩き回り、
キラキラの見つめてくれていたミルク。

そんなミルクが…。

毎日一緒にいたのに、
毎日触れ合っていたのに、
毎日お話ししていたのに、
ミルクをこんなふうにしてしまった。

自分が不甲斐なく、そしてミルクに申し訳なくて…
全ての気力を失っておりました。

しかし、落ち込んでいる暇はありません。
ミルクは必死で頑張っています。
今も『生きよう』と、いっぱい呼吸をしています。

その日から、ミルクとの闘病生活が始まりました。
毎日病院に行って皮下点滴と注射と強制給餌で命を繋げます。
病院から一緒に会社に行って、
スタッフみんなに見守られながら過ごす。
そんな日々を送っています。

今は夫婦で協力しながら、夜通し交代でミルクの容態を見守り
ミルクに何かあった際はすぐに対処できるようにしています。

犬という生き物は、飼い主の為に自らの命ギリギリまで弱いところを見せずに頑張ってくれます。
だから、私たちがしっかりみてあげないと具合が悪くなった時は
かなり悪化していることが多いです。

だからこそ定期健診などでしっかりと健康管理してあげなくてはなりません。

予防と食事管理と適度な運動。
そうした生活環境で愛犬が一日でも長く私たちと一緒にいてくれるように
私たちがしっかりサポートしてあげる必要があります。

そんなことは分かっていまよね?皆さんも。
私もずっとこうしたことを意識しながら過ごしてきました。

しかし、必ずその日はやってくるのです。

年齢のこともありますので、積極的な治療はミルクの身体に更なる負担をかけてしまう
ことになりかねません。
だから私たちは夫婦で話し合って、
ミルクが苦しくないように緩和ケアをしながら寄り添うことを選択しました。

しかし、今でも心は揺れます。

手術はできないだろうか…
でも、麻酔のリスクの方が高いかもしれない…
病院を変えた方が良いか…
でも、今の病院も大変良くして下さるし…
あれはどうだろう…
これはどうだろう…

そんなことばかり毎日考えています。

でも、一番大切なのはミルクのQOLを向上させることだと思っています。
毎日を、そして一瞬一瞬を大切にし、
愛情たっぷりにミルクを見守りたいと思います。
ミルクがくれた大切な時間ですからね。

皆さんとご愛犬が一日でも長く一緒にいられますように。
どうぞご愛犬との一瞬一瞬を大切にされて下さいね。

 

に投稿 コメントを残す

台風・水害・地震…いつ起こるか分からない災害から身を守るために。

2021/10/7(木)22:41頃に発生しました千葉県北西部を震源とする地震では、
埼玉県や東京都で震度5強を観測するなど大きな揺れがありましたね。

大きな揺れが長く続いたので本当に怖かったですよね。
東日本大震災の時の揺れを思い出してしまいました。

看板犬のポノは、初めて経験した大きな揺れに驚いたのか、
はたまた緊急地震速報の鳴り響くアラームに驚いたのか、
家中を走り回ってしまい確保に時間がかかってしまいました。

『待て』のトレーニングはしているものの、
緊急事態が発生した時はパニックになり思うように制止できませんでした。

今回は、家具が倒れることもありませんでしたし、急な避難もなかったので
確保に時間を要しても大きな問題はありませんでした。

状況が違えば、確保に手間取ったことで倒れてきた家具の下敷きになる可能性もあります。
様々でシーンでのトレーニングが必要だなと痛感しました。

皆様大丈夫でしたか?
もしかしたら帰宅困難になり大変な思いをされた方もいらっしゃるかもしれません。

発生時間があと数時間早かったら、
きっともっと多くの帰宅困難者が出ていたことでしょう。

ここのところ、全国各地で地震が相次いでいます。
まだ余震がくるかもしれません。
もしかしたら熊本地震のように、このあと本震が来るかもしません。

どうぞ十分にお気を付けてお過ごし下さいませ。
そして、この機会に防災グッズの確認をしておくと安心ですよね。

これから本格的な台風シーズンになります。

昨今は天気予報の精度も上がり事前に様々な準備ができるようになりましたが、
今一度、災害に備えてどんなことが必要かチェックしておきましょう。

事前に頭に入れておくと、いざという時に役立つと思います。

1.屋外飼育のワンちゃんは必ず室内に避難を!

普段屋外でワンちゃんを飼われている方は
必ず、必ずワンちゃんを屋内に避難させて下さい!
屋根のある軒先などではなく、
自分たちの目の行き届く家の中へ避難させて下さい。

2.水を確保しましょう
日頃から浴槽に可能な限りお水を溜めておきましょう。
水洗トイレや食器洗いなどに数日活用できます。
また、お水は最低1週間分ストックしておきましょう。
もし、台風接近間近になっても買い溜めが出来なかった方は
家にある空きペットボトルやお鍋、水筒などあらゆるものに
水道水を溜めておくと数日はしのげると思います。

3.ベランダや庭など屋外にあるものを全て家の中に入れましょう
自転車・植木・物干し竿に屋外用テーブル&イスなど
とにかく全てのものを家の中へ入れましょう。
暴風にあおられ自宅の窓などを破壊してしまうだけでなく、
近所に被害を与える可能性があります。
とにかく全てのものを家の中へ移動しましょう。

4.自動車は屋内駐車場などに移動することが賢明です
台風時、飛んできた飛来物で自動車が傷つくことが多発しています。
大型スーパーや大型商業施設などが近くにあれば
屋内駐車場に自動車を移動しておいた方が良いと思います。

5.モバイルバッテリーなど充電が必要なものはフル充電しておく

6.できれば窓ガラスには養生テープを!(ダンボールなどを貼るのも効果あり)

7.カーテンや雨戸を締める
そして窓から離れた場所で過ごしましょう

8.換気扇はOFFに!
風が逆流して空気口から雨が入ってきたり、換気扇の故障につながります

9.保冷剤やペットボトルにいれた水をできるだけ凍らせておく
停電した時に、できるだけ冷蔵庫内を冷やせるようにするため。

10.窓や玄関を不用意に開けない
開けたとたん強風が吹き込み屋根を飛ばすこともあるようです。
また、玄関を開けたは良いか凄まじい勢いで閉まり大怪我する可能性もあります。

11.エアコンの室外機も要注意!
もし室外機が倒れても自分で起こさず、電気工事士にお願いしましょう。

日頃から意識し準備していなければ、
もしもの時に落ち着いて行動することはできません。

防災意識を持って備えておきましょう。

 

に投稿 コメントを残す

おうちで楽しむハロウィンパーティー♪

早いもので10月に突入!
2021年も残すところあと3ヶ月となりました。

暑すぎた夏はいつの間にか過ぎ去り、
気が付けばもう秋になっていました。

でも、このくらいの気候が一番過ごし易いですね。
ワンちゃんたちにとっても活動し易くなって、
毎日のお散歩も、ちょっと遠出のお出かけも楽しい季節になりましたね。
この週末は、ご愛犬と一緒に秋を感じにお出かけしてみてはいかがでしょうか?

ここ数年、年々ハロウィンが盛り上がるようになり
渋谷や六本木といった街には思い思いの仮装をした人々が溢れ返るようになりましたね。

ハロウィンというイベントが本当に日本にも深く根付きました。
そしてそれはワンちゃんにも!

仮装し合ったり、
トリーツの交換をしたり、
みんなで集まってワイワイパーティーしたりと
今年もそんな楽しいハロウィンパーティーができる!
と、思っていました。

しかし、世の中はこんなご時世。
いつものように街に繰り出すことも
みんなで集まってパーティーすることもまだ難しいかと思います。

だったら、おうちハロウィンをおもいっきり家族で楽しもうではないですか!

と、いうことで…

おうちハロウィンを盛り上げるためのアイテムをご紹介したいと思います♪


1.手作りパンプキンケーキを作ろう!


イリオスマイルで販売している「米粉ナチュラルパンケーキミックス」があれば
とっても簡単に手作りパンプキンケーキができちゃいますよ。

用意するのは

だけ!

これだけの材料でワンちゃんが喜ぶママの愛情たっぷりケーキができちゃいますよ。

【 材料 】
※直径6~7cm程のパンケーキ2枚分
米粉ナチュラルパンケーキミックス 30g
・かぼちゃ 30g+α
・豆乳 30cc+α

 【 作り方 】

  1. かぼちゃ30gを柔らかくなるまでレンチンします。
    柔らかくなったら小さめにカットしてスプーンの背などで潰しておきます。
  2. 1で作ったかぼちゃに米粉ナチュラルパンケーキミックス30gと豆乳30ccを入れ混ぜ合わせます
  3. フライパンで両面を焼きます
  4. 電子レンジで加熱したかぼちゃを裏ごしし、豆乳と混ぜ合わせてかぼちゃクリームを作ります。
  5. 電子レンジ加熱して柔らかくしたかぼちゃを細かくカットします。
  6. お好みのデコレーションをして完成です!

 

ワンちゃんは甘党。
だからかぼちゃの自然な甘味が大好きなんです。
今年のハロウィンはぜひ手作りパンプキンケーキでワンちゃんを笑顔にしてあげて下さいね♪

看板犬ミルク&いちごの実食の様子はこちら

 


2.ワンちゃんのプレゼントはコレで決まり!


Trick or Treat!
お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ~!

ワンちゃんたちにいたずらされたくなかったら、
美味しいおやつを用意しておくしかないですね(笑)

昨年も大好評だったドットわんのハロウィントリーツ。
今年は全7種!

定番の「かぼちゃと紫イモ」を使ったおやつや、
梨やりんごのなど今旬の果物を使ったおやつ、
お肉好きな子には「ハーブ鶏の手焼きせんべい」
お魚好きには「タチウオのせんべい」等々…
ご愛犬やお友だちの好みに合わせてお選び頂けます。

この商品は、専用ハロウィンパッケージになっています。
そのパッケージを外すと可愛い映え写真が撮れるアイテムになりますよ~♪

お友達へのちょっとしたプレゼントとしても手頃&可愛いので重宝しますよ。

商品の詳細は各商品ページでチェックして下さいね!

★ドットわん「ハロウィンシリーズ

さらに、ハロウィン期間中はハロウィンラッピングも承ります。
(無料ラッピングなのであまり期待しないで下さいね)
小さめの商品であればハロウィン使用のラッピング袋に、
たくさん購入下さった方には可愛いハロウィンシールでラッピングします。

ハロウィンラッピングをご希望の方は、
必ず備考欄に「ハロウィンラッピング希望」とお書き添え下さいね!

ご愛犬との楽しいハロウィンパーティーになりますように★

に投稿 コメントを残す

罰金20万円…その事件について思うこと

イリオスマイル店長の川口でございます。

先日、とある裁判の判決が言い渡されました。

その判決は「罰金20万円」。

皆さんはこの判決をどう思われますか…?

これは、2020年12月に埼玉県川口市で起こった
ノーリード状態のパピヨンを蹴って殺したとして
動物愛護法違反で逮捕・起訴された男の裁判。

逮捕・起訴された男は、
裁判でも「犬に気が付かず足にぶつかってしまっただけ」と無罪を主張。
しかし、裁判長は「ボールを蹴るような感じで蹴っていた」など、
裁判での証言や現場の状況などから故意性を認定。

「無慈悲な犯行で強い非難に値する」として、
求刑通り罰金20万円を言い渡しました。

被告の全面敗訴という形になった裁判ですが、ネット上では

・リードを付けていなかったことは過失になるのでは?
・犬が好きな人だけじゃない。
世の中には犬が怖い、苦手な人もいる。
仮にそういう人がリードの付いていない犬に絡まれて、
自己防衛するのは当たり前なのではないか

・狂犬病もあるし、自分に噛みつこうとしてきた場合、
蹴られても仕方ないのでは。
特に自分の子どもが噛まれたら、頭に来て蹴り倒してしまうかもしれない

・リードをしていないのが悪い

などと、判決に違和感を示す声が相次いでいると言います。

ノーリードでお散歩をすることは本来あってはならないことです。
動物愛護管理法では、
動物の所有者又は占有者は「動物が人の生命、身体若しくは財産に害を加え、
又は人に迷惑を及ぼすことのないように努めなければならない」(同法7条1項)
と定めています。

また、多くの地方公共団体は規定や条例を設け、
ノーリードでのお散歩を禁止しています。

愛犬の命を守るためにも、
不本意な事故を防ぐためにも、
人に迷惑や危害を加えないためにも、
必ずリードはするべきだと思います。

私は、裁判長の判決は動物への愛を感じる英断だと思います。
その一方で『罰金20万円だけなんだ…』という想いもあります。

私にとって、愛犬は子供同然。
我が子が残忍な殺され方をして、
このような判決では到底納得なんてできません。

この事件をご存じない方の為に
2020年12月末に、私が書いたメルマガを引用したいと思います。

【事件概要】
埼玉県川口市で、散歩中の小型犬・パピヨン蹴り殺したとして、
47歳の男が動物愛護法違反容疑で逮捕されたことが判明。その行動が物議を醸している。

事件が発生したのは12日午前。
川口市の芝川沿いの河川敷で、市内の70歳男性が飼っていた散歩中だったパピヨン1匹(12歳)の頭を、
ランニング中だった47歳の男が数回蹴った。
パピヨンは頭の骨を折り、死んでしまった。

男はそのまま走って立ち去ったが、目撃者の情報などから47歳男が浮上。
警察の取り調べに対し、「犬がぶつかってきただけ」などと、
容疑を否認しているという。

なお、殺されたパピヨンは当時リードが付けられておらず、
放し飼いになっており、寄ってきたところを蹴り殺されてしまったようだ。

——

この河川沿いの緑道は、車の通りもないことから
日頃からお散歩やランニングをする方が多い場所だと言います。

そのような場所はワンちゃんのお散歩にも最適。
恐らく多くの方がお散歩をされている場所でしょう。

そんなのどかな場所でこの事件は起こりました。

一部報道によると、
70歳代の飼い主さんはこの日12歳のパピヨンちゃんをノーリードで歩かせていました。
飼い主さんによると、
「この子は非常に大人しく、飼い主さんの傍を離れることも少ない」そうです。

この方にとってそれはいつもの出来事だったのかもしれません。

しかし、この日は違いました。

ランニング中の男性が近づいてきます。
人懐っこいパピヨンちゃんはその男性の近くに近づいてしまったのかもしれません。

その男性は飼い主さんに向かって「リードをしない」と言いました。
飼い主さんは、「はい、わかりました」と言って
リードを取ろうと後ろを振り返ります。
その時、この事件は発生したと言われています。

飼い主さんが目を離した一瞬のうちに、
パピヨンちゃんはその男性に複数回蹴られてしまいました。
そしてその男性はその場を走り去ってしまいます。

飼い主さんはすぐに動物病院にパピヨンちゃんを連れていきますが、
パピヨンちゃんは首の骨が折れ、ほぼ即死の状態だったそうです。

何とも痛ましい事件に胸が張り裂けそうになりました。
どんなに怖くて、どんなに痛かっただろう…
そう思うと、怒りと涙がこみ上げてきます。

自分に危害を与えもしない小さな小さな子に
何故そんなにも酷いことができるのでしょう。。。

価値観が違い過ぎて理解なんて全くできません。

世の中には一定数こうした人間がいます。
小さな生き物、動物だけに限らず、人にだって暴力を振るいます。

そんな人と、いつ・どこで出会うかは全く分かりません。
だからこそ、私たちは自分自身や大切な家族に危険が及ばないように
注意を払う必要があります。

まずこの事件で最も悪いのは、パピヨンちゃんを蹴り殺したこの男性です。
本当に厳罰を科してほしい。
何なら、そのパピヨンちゃんと同じ目に遭ってほしい。

しかし、このケースでは飼い主さんにも落ち度はあります。
それはノーリードだったこと。

・急に自転車が飛び出して来たら?
・猛ダッシュの人がぶつかってきたら?
・突然地震や災害が起こったら?
・小さなお子さんを噛んでしまったら?
どんなに普段は大人しい子でも突発的な出来事で、
狂暴化する可能性はゼロではありません。

こうした、もしものことを考えると愛犬を守るためにも
絶対にノーリードはいけません。

次に、このシーンを想像してみて下さい。

「リードをしなさい」と恐らく凄い剣幕で言われた時、
1.愛犬を放置してリードを取りに行く
2.一旦、愛犬を抱き抱えてからリードを取りに行く
さあ、どちらを選びますか?

冷静に考えると後者ですよね?
しかし、人はとっさの時冷静な判断ができない可能性があります。
だからこそ、私たちは様々シーンを想定して
リスク対策をするべきなんだと思います。

こうした痛ましい事件を教訓に、
「自分ならこの時どうするか?」を考えておくことと同時に
日頃から「愛犬を守る行動」を心がけると良いと思います。

・お散歩はできるだけ車通りの少ない場所を選ぶ
・リードは短めに持って、すぐにコントロールできるようにする
・車や自転車が通る通りは、必ず愛犬は端側(外側)を歩かせる
・曲がり角は、出会い頭の衝突を避けるため慎重に進む

これだけでもかなり危険は防げると思います。

(ここまでが、以前私が書いた内容です)

 

さて、皆さんはこの事件・判決をどう思われますか?
是非、お友だちやご家族と意見を交わされてみて下さい。

これから気温が下がり、
ご愛犬とのお散歩やお出かけが楽しい季節がやってきます。

楽しいはずのお出かけが、
悲しい出来事にならないように…
・愛犬を守るためにはどういうことに注意するべきか?
・こういう時自分ならどうするか?
などを、今一度考えてみて頂けたら幸いです。

大切な愛犬を守ることができるのは自分だけですからね。

に投稿 コメントを残す

環境省が取り組む「つなぐ絆、つなぐ命」プロジェクト

イリオスマイル店長の川口でございます。

先日、嬉しいニュースが飛び込んできました。

——

8月30日、小泉進次郎環境大臣は、
環境省が取り組む「つなぐ絆、つなぐ命」プロジェクトにおいて
アマゾンジャパンと協力することを発表し、
パートナーシップの調印式を行った。

同プロジェクトは犬猫の譲渡促進を目指すため、
全国の自治体や犬猫保護団体に各種の支援を行うもの。

小泉大臣は調印式の挨拶で
「現在犬猫はペットショップで購入することが多いが、
一般家庭では保護犬、保護猫の受け入れが当たり前の社会にしたい。
環境省は、全国保護団体の支援と譲渡活動を拡大のため、
活動の仲間を増やしていきたい」と述べ、
全国の自治体やNGO、保護団体、企業にプロジェクト参加を呼びかけた。

その上で、アマゾンジャパンは、
保護団体や譲渡会の情報など一般家庭や個人の飼い主の目に
届ける機会を広げることになるとの認識を示し、
同社がパートナーとしてプログラムに参加する意義を示した。

保護団体によっては、すでにアマゾンの「ほしいものリスト」を
支援物資調達に利用しているところもある。
アマゾンでも「動物保護施設 支援プログラム」として
保護施設や譲渡会情報の拡散を行っていた。
今回「つなぐ絆、つなぐ命」プロジェクトのパートナーとなったことで、
従前の支援プログラムを「保護犬・保護猫 支援プログラム」にリニューアルし、
情報提供、ほしいものリストによる保護団体の物資調達の支援を強化するとした。

アマゾンジャパンでは全国の自治体等にも働きかけ、
現在140の登録保護団体を2024年までに500団体に増やすとした。

また、飼い主のためには24時間受付可能な獣医師への相談窓口も開設する。

調印式終了後、質疑応答の時間も設けられた。
小泉環境大臣に「大臣としてペットの生体販売禁止についてどう考えるか」を
聞いてみたところ、
「現在、飼い犬をショップなどで購入する割合は約6割。
猫は保護・譲渡が過半数となっている。
社会的にも保護・譲渡の認知理解は進んでいると思う。
保護・譲渡を当たり前の社会にすると述べたとおり、その方向性は明らか」
と答えた。

——

日本では、「ワンちゃんを飼いたい」「ネコちゃんを飼いたい」
と思った時、ペットショップに行く方がほとんどだと思います。

以前に比べると、保護犬・保護猫を迎える方は本当に増えたと思います。
認知度もかなり上がってきました。

しかし、その一方で里親になるには条件が非常に厳しく
・お留守番が少ない
・小さい子供がいない
・一人暮らしはNG
・住んでいる人数より、飼育している頭数が多い場合はNG
・(特には)先住犬や先住猫がいる場合はNG 等々。

ボランティアさんや保護団体さんは、
保護犬や保護猫たちのことを思い、
その子が譲渡先で幸せに過ごせるようにと考え抜いて
こうした条件を作られていると思います。

きっとこれまでに様々な経験をされたことでしょう。
そして、辛い思いもたくさんされたことでしょう。

だから、条件が厳しいことに異論を唱えるつもりはありません。

しかし、保護犬や保護猫を迎えたいと思う善意の方も
条件に合わず譲渡NGになってしまうことも多いと聞きます。

そんな方は止む無くペットショップに行ってしまうようです。

正直、上記条件が必須となると私も里親になることはできません。

話が逸れてしまいました…
話を戻しますね。

このように、国が民間企業とタッグを組んで
犬猫の譲渡促進や、
全国の自治体や犬猫保護団体に各種の支援を行うことは
本当に喜ばしいことだと思います。

パートナーシップ第一号が断トツの知名度を持つ
Amazonさんであることも頷けます。

この取り組みで、多くの方に
「保護犬・保護猫の受け入れは当たり前」という意識が
浸透することを切に願っています。

そして、希望する方の多くが保護犬・保護猫を
迎えることができるようになるよう
仕組み作りが整えば良いなと思っています。

日本全体で、一日も早く殺処分ゼロになりますように。

そのために、私たちイリオスマイルもこうした取り組みに
参画できるよう努めたいと思っております。

に投稿 コメントを残す

愛犬の歯磨き・デンタルケア

イリオスマイル店長の川口でございます。

来月、1歳の誕生日を迎える看板犬ポノ。
笑顔が可愛いイケメンに成長してくれました(親バカ)。

ポノはめちゃくちゃ人が大好きで、
初めてお会いした方にもフレンドリーな子です。

どこを触っても嫌がらないし、
呼び戻しもバッチリの良い子。

ただ一つだけ、いや二つ直して欲しいことがあります。

一つ目。
「トイレは決められた場所にする」
このことは理解してくれています。
おしっこはちゃんとトイレに行ってしてくれます。
ちゃんとできたことを褒めてあげると、
めちゃくちゃ喜んでくれます。
が、しかし…
うんちは別です。
何故かうんちはトイレではなく、
トイレの横にあるクッションにします。
会社に出勤している時は、
おしっこはトイレシートにするのに、
うんちは入口のドア前にします。

うんちもシートでやることを根気強く教えていますが、
「うんちはここだよね?」と、頑なに元の場所にしてしまいます…。

二つ目。
よく吠えます。
とにかくテレビに向かって吠えます。
テレビにワンちゃんやネコちゃんが映ろうものなら
テレビの真下に行って見上げながら吠え続けます。
犬種の特性もあるかもしれませんが、
どうしても直りません(涙)。
名誉看板犬のジル&ミルクもいちご(いずれもトイプードル)は
全くテレビを見ない子だったので気にもしていませんでしたが、
ポノは本当に良くテレビを見る子です。
そして、テレビに向かって吠えまくるので、
大好きな動物系番組を見れなくなってしまいました。

ま、そんなところも愛おしくてたまらないんですけどね(親バカ2)。

我が家にポノを迎えた時、
私は心に誓ったことがあります。

それは…
「デンタルケア」をしっかりやること。

何故なら、名誉看板犬のジル&ミルク、そして看板犬のいちごは
歯で随分辛い思いをさせてしまったからです。

ジルは歯周病が酷くなって、
ある日突然目の下が大きく腫れ、そして破裂しました。
深夜の出来事だったので本当に驚きましたが、
夜間病院に電話したところ症状を理解してくれた先生が
「朝、かかりつけの病院に行けば大丈夫ですよ」
と、言ってくれて安堵したことを今でも覚えています。

ミルクは亡くなるまで歯はありましたし、
硬いものでなければカミカミもできました。
しかし、歯周病が酷くなって上顎に穴が空き鼻腔とつながっていました。
いつも「グシュン」とくしゃみしては、
臭いのキツイ膿のようなものが出ていました。

そして、いちごは歯がありません。
小さな小さないちごの口腔内は、
状態の悪化から歯が抜け落ちてしまいました。
歯がなくなると下顎が小さくなり変形するんです。
なので、いちごはいつも舌が出ています。
それでも、手作りごはんは柔らかいのでちゃんと食べられますし、
ドライフードも丸飲みですが食べられます。
歯がなくても生きていけます。

ジルもミルクも麻酔をかけて歯石除去を行いました。
しかし、それでも数年経てばまた歯石はつきます。
シニアになると麻酔のリスクが心配で、
何度も歯石除去をすることは難しくなってくるかと思います。
だからこそ歯磨きなどデンタルケアをしてあげたかったけれど…
小さな頃から歯磨きの習慣がないと、
絶対に触らせてくれないんですよね…。

特にミルクは、牙をむき出して噛みついて…
興奮のあまりチアノーゼになりそうな程抵抗していました。

こうした経験から、ポノには
・しっかりとデンタルケアをしてあげよう
・歯磨きも嫌がらない子に育てよう
そう思っています。

小さな頃から、
・口の中に手を入れたり
・歯ブラシを入れたり
していたので、幸いポノは歯磨きをさせてくれます。

歯磨きは、
・歯ブラシでゴシゴシ
・手にガーゼや歯磨き用シートを付けてゴシゴシ
どちらでもやってみました。
ガーゼや歯磨き用シートってゴシゴシしているとズレてくるので
ちょっとやり辛いですよね。
私はどうも上手に扱えません。

そんな時、紹介頂いたのがLILA LOVES IT「デンタルケア マイクロフリース」
LILAのフィンガー歯ブラシはめちゃくちゃ優れものです。
ちょっと値は張りますが…(涙)、

  • 指にぴったりフィットしてズレない
  • だから歯磨きがし易い!
  • 丈夫な作りで何度でも洗って使える
  • だから使い捨てのシートを使い続けるより経済的かもしれない!

★デンタルケア マイクロフリースの詳細はこちら

さらに、専用の歯磨き粉「リラデント デンタルケア ミネラル」も優れものです。
パパイア果実エキス、ウコン根、ヤシ油などの植物由来成分で
優しくデンタルケアができます。
ウコンが入っているので黄色いペースト状ですが、
しっかり口臭を防いでくれるので
歯磨き終わりにお口の匂いが軽減していることに驚きます。

★リラデント デンタルケア ミネラルの詳細はこちら

小さな頃からやっていなかったとしても、
毎日の習慣でデンタルケアも嫌がらずにできるようになるかと思います。

最初から歯ブラシは結構ハードルが高いので、
まずはガーゼを手に巻いて口の中に入れたり、
フィンガー歯ブラシから始めると良いかと思います。

また、歯磨き以外にもカミカミできる硬めのおやつをカジカジすることで
デンタルケア&ストレス発散ができます。

硬いものが苦手な子は「Dr.デンタル乳酸菌ジャーキー」がおすすめです!
バツグンの喰い付きで、美味しく食べながらデンタルケアができる機能性商品です。
すでにイリオスマイルでは大人気の商品なのですが、
この度、新フレーバーがリリースされました。

それは、『鮭』。
お肉にアレルギーがある子にもおすすめですよ。

Dr.デンタル乳酸菌ジャーキー 鮭 ソフト細切り 12本

Dr.デンタル乳酸菌ジャーキー 鮭 6本

そして、大人気だった限定商品「馬肉」が定番商品になりました!

Dr.デンタル乳酸菌ジャーキー 馬肉 ソフト細切り 12本

Dr.デンタル乳酸菌ジャーキー 馬肉 6本

Dr.デンタル乳酸菌ジャーキーは、他にも

  • ささみ
  • ささみプラスマヌカ入り
  • 鹿肉
  • カンガルー
  • 白身魚(在庫限りで販売終了予定)

がございます。
ご愛犬の好みに合わせてお選び下さいね!

シニアになっても、綺麗な歯で
モリモリごはんが食べられることが理想ですよね。
その為にも、大変ですが…
日頃のデンタルケアをポノと共に頑張りましょう!

に投稿 コメントを残す

愛犬と一緒に飛行機で旅行ができる日が日本にもやってくる!?

イリオスマイル店長の川口でございます。

私はここ数年、旅行には行っていません。
実家の熊本も、熊本地震が起こった時に帰ったきりなので…
気付けば5年も帰っておりません。

私は実家に帰る際、飛行機しか利用しません。
九州新幹線も通ったので新幹線で帰ってもいいのですが、
ちょっとしたトラウマがあります。

まだ私が若かった大学生の頃。
東京の大学に進学していた私が、夏休みに実家に帰省した時の話です。

新幹線の予約をし、実家の家族や友人たちに帰省のスケジュールを伝え、
母が熊本駅まで迎えにきてくれる予定でした。

が、しかし…
帰省の当日、ちょうど今のように台風が接近していました。

「何とか帰れるだろう」
そう思って、東京駅から新幹線に乗った私。
当時はまだ新幹線は品川駅に止まらない時代でした。

お盆の時期ということもあり大変込み合っていましたが、無事に新幹線は東京駅を出発しました。

朝が早かったこともあり、車内で眠りながら過ごしていたところ…
突然、広島駅で新幹線が止まり乗客全員が下ろされました。

ホームから階段を下りると…
そこには驚くような光景がありました。

駅構内は人人人…。
大きな荷物を持った多くの人が、どこにも行けずに床に座り込んでいます。

どうやら、始発から全ての新幹線が広島で止まり、
全ての乗客が広島駅構内で待機させられていたのです。

私は一人で帰省していた為、この状況が怖くて不安で。
しかも当時は携帯なんてみんな持っていません。
母に連絡することも出来ないのです。

行くあてもなく、一人広島駅の床に座り何時間も待ちました。

何時間が経ったでしょうか…
ようやく台風が通過し、線路内の安全確認をしているという案内がありました。

それからしばらくして、ようやく新幹線が動き出しました。
しかし、安全上の問題から「こだま」だけです。

ロープで規制線が張られながら順番を待ち、
ようやく新幹線に乗ることができました。

が、しかし…
「これって乗車率何%なの?」ってくらいのすし詰め状態。
座席に座れた人は超ラッキー。
座れなかった人は、足がつま先立ちになるくらいの状態で
新幹線に乗っていなければなりません。
しかも、安全確認をしながら走行するため
「鈍行列車よりも遅いんじゃないか?」ってくらいのスピードしか出ません。

身動きも取れない状態で何時間も立ちっ放し。
そんな状態でようやく博多駅まで移動し、
そこから特急電車に乗り換えてようやく熊本駅に到着することができました。

東京駅を7時頃に出発したのに、
熊本駅に着いた頃にはもう辺りは暗くなっていました。
実に半日以上かけて熊本まで辿りつきました。

私は、その時のあまりにも苦痛な経験を引きずって
それ以来実家への帰省は飛行機だけと決めました。
あれから20年以上が経ちますが、未だにその自己ルールを守っています。

愛犬と一緒に過ごすようになってからは必ず愛犬も一緒に帰省します。
ワンちゃんと一緒に飛行機に乗られた経験がある方はご存じでしょうが、
チェックイン時『同意書』にサインをしなければなりません。

その内容は、
私は下記貴社航空便による私の手荷物・ペットの運送に当り、当該運送中に発生した下記
損害について貴社に一切ご迷惑をおかけいたしません。
1. 私の手荷物(タグ No.  )に含まれている下記物品の紛失・毀損又は引渡しの遅延
2. 私のペットの死傷
というものです。

愛犬が若い頃はこうした同意書にサインをして一緒に飛行機に乗せていましたが、
シニアになると、「何かあってからでは遅い」と思い…
愛犬を飛行機に乗せるのが怖くなってきました。

特に愛犬が病気をしてからはその傾向は強くなりました。
ホテルに預けることも怖いですし、
友人にはご迷惑を掛けてしまうので預けられません。

そうこうしているうちに5年以上帰省していません。

そんな矢先、とっても嬉しいニュースが飛び込んできました!

——

スターフライヤー(北九州市)は、
ペットの犬や猫と一緒に搭乗できるサービスを導入する方針を固めた。
10月に検証フライトを行い、年明けにも羽田と北九州や福岡を結ぶ路線で導入したい考えだ」

検証フライトは10月上旬に羽田―北九州線で1日1往復する予定で、
ペットは専用ケージに入れて最後列の座席に置く。
小さめの犬と猫が対象で、空港内や機内でケージから出したり、
餌を与えたりすることはできない。

ペット同伴で搭乗できるサービスは国内の定期便では初めてとみられる。
本格導入後は、飼い主がペットの隣に座れるようにする方針で、
ペットの特別料金などは今後、検討する

——

え~~~~~!

日本の航空会社が、定期便にペット同伴搭乗のサービスを導入してくれるなんて。
私が、夢に描いていた日が一歩近づいた~!
嬉しすぎます。

これまで、JALが「ワンワンJET」という
チャーター便で行くワンちゃんとの旅を何度か開催しました。
沖縄への3泊4日の旅行で、料金(2名+1匹/1室利用)は
東京発で大人1人27万6000円。
2人で55万2000円なので、なかなか高額ツアーになり、ハードルが高かったんですよね…。

しかし、スターフライヤーを皮切りに
定期便としてペット同伴搭乗のサービスが
日本国内で普及すれば愛犬との旅行や帰省が
もっと身近なものになると思うんです。

諸外国では、ペットと一緒に機内に入れる航空会社も多く、
中でも動物大国イタリアの航空会社アリタリア航空は、動物の受け入れがとても寛容です。
キャリーバックを含めて10kgまでの小型犬は客室への持ち込みが可能で、
更には機内ではキャリーバックから出しても良いのです。

いつの日か日本でも、飛行機、電車やバスといった公共交通機関、
デパートなどのお店などに愛犬と一緒に当たり前のように行けるようになる日が
来て欲しいと願っています。

その為には、しっかり愛犬のトレーニングを行い、
粗相・無駄吠え・噛みつきなどを防ぐ必要があります。

まだまだペット後進国と言われる日本が、
ペット先進諸国の取り組みを参考にペットフレンドリーな国になれるよう、
私たち一人一人がしっかりと行動し、
そしてまわりに周知徹底できるようになれたらと思っています。

皆さんは、ご愛犬との生活がもっと楽しく、もっと充実したものになるために…
・どんなサービスがあったらいい?
・どんな街/国になったらいい?
と思いますか?

に投稿 コメントを残す

殺処分ゼロのために私たちがやるべきこと、できること

イリオスマイル店長の川口でございます。

先日、映画『犬部!』のモデルでもある獣医師太田快作先生の
オンライントーク「殺処分ゼロのために」を拝見しました。

太田先生は、獣医学部の学生の頃から個人で保護活動を始め、
その活動は仲間を増やしサークル活動に発展し、
そして今年、ついにその活動をモデルにした映画が公開されました。

ただひたすらに、
何の見返りも求めず、
「命を守りたい」というその想いだけで活動をされている姿に感銘を受けると共に、
私もやらなくちゃ!という刺激をもらいました。

オンライントーク内で先生は、

  • 殺処分はゼロにできる!
  • 3,750人に1匹
  • 「いつか」じゃダメ!「今すぐ!」「明日から」「今日から!」
  • できないわけがない

そんなメッセージを伝えられました。

殺処分ゼロにするために必要なことはいろいろありますが、
2つのことが徹底できれば大きく対象になる子を減らすことができます。

1.マイクロチップ
殺処分の対象になってしまう子は
1割が飼い主の持ち込み、
9割は放浪していた子。
その放浪していた子のうち半数は迷子だそうです。
きっと飼い主さんも必死に探されていることでしょう。
しかし、期日までに飼い主さんが見つからなければ
殺処分の対象となってしまいます。
そうならない為にもマイクロチップの徹底が一番の解決策だ
と先生は言います。

現在、環境省は「犬の登録時にマイクロチップ装着の義務化」を検討しています。
犬の場合、飼い始めたら各自治体に登録をすることが義務付けられていますが、
猫の場合は義務はないかと思います。

その為、義務化云々ではなく
「うちの子がもしも迷子になってしまった時」
という私のたちの危機意識を高めることが必要なんだと思います。

「うちの子だけは大丈夫」は通用しません。
もしもの時、大切なうちの子を守れるのは私たちだけなのですから。

2.不妊手術(去勢避妊)
これだけで、飼い主持ち込みの仔犬子猫は劇的に減るといいます。
また、ノラ猫の不妊手術を行うことです。
T(捕獲)・N(不妊手術)・R(戻す)と
地域猫化(特定の飼い主はいないがその地域の猫好きさんでお世話や管理がされている状態)
されることが大切とのことでした。

このオンライントークは約20分ほどで、
アーカイブ配信もされています。
ご興味のある方は是非ご覧になってみて下さい。

に投稿 コメントを残す

避妊・去勢のメリットとデメリット

こんにちは、獣医師の林です。

コロナ禍でペットブームが再来、
新たにご家族にワンちゃん、猫ちゃんを迎えた方も多いのではないかと思います。

子犬さん、子猫さんで迎えたときに病院でもお話されるのが『避妊・去勢』について。

男の子も女の子も、おおよそ生後半年を過ぎたあたり、
もしくは3回目のワクチン接種が終わったあたりに避妊・去勢手術のお話をされると思います。

なんとなく避妊・去勢手術は『しなければならない』と思われている方も多い印象ですが、
それぞれのメリット、デメリットはご存じでしょうか?
メリット・デメリットを知ったうえで手術を行うか否かを決められるよう、
今日はそれぞれのメリット・デメリットをお話ししたいと思います。


【 去勢手術 】

去勢手術は男の子の不妊手術のことを指し、精巣摘出・睾丸摘出術ともいわれます。
女の子と違ってお腹を開かない手術のため、お体に対する負担は女の子よりは軽いとも言えます。
※ただし、停留睾丸・潜在精巣と呼ばれる場合には開腹をする場合もあります。

メリットとしては、精巣を取り除きますので精巣関連の疾患が防げるということです。

望まない繁殖の予防や、男の子特有の前立腺の疾患や、肛門周囲腺腫、会陰ヘルニア
などの疾患の予防や治療としても役立ちます。

また、去勢手術を行うことで、交尾欲、攻撃性など、本能的な部分のストレスの予防
にも役立つといわれています。
マーキングが減るという説もありますが、
これはマーキング行動が見られる前に去勢手術を行った場合には収まる可能性がありますが、
習慣化してしまった後だとあまり意味がないというケースもあります。

デメリットとしては、麻酔によるリスク(どんなに安全な麻酔でも、絶対に大丈夫ということはありません)、
精巣を取ることによるホルモンバランスの乱れで太りやすくなってしまったり
免疫のアンバランスが生じてしまったり、尿失禁が起きてしまうといったことが考えられます。

また、当たり前と言えば当たり前ですが、精巣を取ってしまうので
『やっぱりこの子に子供を』と思っても精巣がないので作ることができないですよね。

望まぬ繁殖を防げる一方で、望む繁殖ができなくなるということもデメリットの1つになり得ると思います。


【 避妊手術 】

避妊手術には、現在2つの方法があります。
1つ目は子宮卵巣摘出術、2つ目は卵巣摘出術です。
オーソドックスな方法は1つ目の子宮卵巣摘出術になりますので、
今回はそちらにフォーカスしてメリット、デメリットをお伝えしていきたいと思います。

子宮卵巣は腹腔内に存在しますので、男の子と違い必ず開腹手術となります。
最近は傷口が小さく済むようにおなかに3か所穴をあけて、
トロッカーと呼ばれる専門器具を挿入して行う腹腔鏡手術で摘出される病院さんもあるそうです。

避妊手術のメリットとしては、男の子同様望まない繁殖の予防のほか、
乳腺腫瘍のリスク軽減(避妊手術のタイミングにもよります)、
子宮と卵巣を取りますので子宮卵巣の病気の予防(子宮蓄膿症や子宮水腫、卵巣嚢腫など)があげられます。

また男の子にはない『偽妊娠』を防ぐこともできます。
偽妊娠が起こると、実際は妊娠していなくても妊娠した時のような変化
(つわりや乳房の膨らみ、食欲減退などの症状)が出ますので、これらを防ぐことにもつながります。

デメリットとしては、男の子同様、麻酔によるリスク
ホルモンバランスの乱れによる疾患(肥満、免疫異常など)、
繁殖ができなくなるという点が挙げられます。

その他、発症率はさほど高いわけではありませんが、ホルモン反応性尿失禁
(尿道括約筋の緊張がゆるむことによっておもらしをしてしまう症状で、
中大型犬さんで起こりやすいといわれています)もデメリットの一つとして挙げられます。

去勢でも避妊でも、デメリットのうち気を付けられる部分は『肥満』です。
ワンちゃんはもともと運動量があるので運動をさせて痩せさせるというのはなかなか難しい傾向にあります。

となると、見直すべきはお食事やおやつの内容です。

脂質や炭水化物が多いものは太りやすい傾向にありますので、
タンパク質がしっかりとれるフードやおやつを選ぶのがおすすめです。

おやつであれば、ボーロやチーズ系のものではなく、
お肉やお魚のジャーキーに切り替えてみるのもよいかもしれません。

去勢・避妊手術は必ず行わなくてはいけないというものではありません。

メリットとデメリットをよく検討していただき、
手術を行う場合も行わない場合も、日常から我が子の健康状態をしっかり把握するように心がけましょう。

に投稿 コメントを残す

残暑が残る初秋の過ごし方

こんにちは、獣医師の林です。

東洋医学では春・夏が陽、秋・冬が陰の季節となりますので、
秋は陽⇒陰に変わる過渡期とも言えます。

『食欲の秋』と言われるのも、
食べ物の少なくなる冬に備えて実りの秋によく食べてからだに蓄えておくという
動物本来の機能の名残から来ていると言われています。

東洋医学的にも、
・陽が外側に向かうエネルギー
・陰は内側に向かうエネルギー
ですので、寒い冬を乗り越えるためのエネルギーを貯蔵する季節というところでも、
秋はしっかりとエネルギーを蓄えておくということが重要であることがお分かりいただけるかと思います。

しかし、何でもかんでも食べればOKというわけではありません。

初秋はまだ夏の暑さが残っていて空気が乾燥してくる時期。
つまり体は火照りつつも乾燥している『温燥症』という状態になりやすいと言われています。

そのため、体の熱を取り除きつつ潤いを与えてくれる食べ物を摂ることが初秋の食養生に繋がります。

薬膳の五性でいえば、平性(体を温めも冷やしもしない食材)や涼性(体を少し冷やす食材)、
そして体を潤す食べ物は『白いもの』と言われています。
リンゴや梨、レンコン、白きくらげ、豚肉、ホタテなどを取り入れてみてはいかがでしょうか。

特に白きくらげは手に入りにくい食材ではありますが、体を潤すにはとても優秀な食材。
お水と一緒に煮こんで、ドロドロになればなるほど薬効が高くなると言われている食材です。
お時間に余裕がある方は5~6時間ほどとろ火で煮込んでください。

中華料理のデザートでもよくつかわれる白きくらげ。
今の季節なら桃、もう少し季節が進んだらリンゴや梨と合わせるのもお勧めです。
(桃も体を潤してくれる食材です)

甘みが足りないなぁというときや栄養補給も兼ねて…というときには、
甘酒『おはな』をトッピングしてみたり、
ヤギミルクでミルク風デザートにしたり、
また米粉ナチュラルパンケーキミックスで作ったパンケーキの
ジャムの代わりに使ってみても良いかもしれないですね♪

ただ、どんなにエネルギーを蓄えなくては!!と言っても食べすぎは禁物です。

甘いものの食べすぎも胃腸の負担となりますので、
何事も『ほどほど』に取り入れて下さいね。
難しく考えすぎず、毎日を楽しく過ごしてみてください^^