に投稿 コメントを残す

フィラリア予防の季節がやってきた!

犬と獣医さんイメージ

 

現在、全国的に狂犬病ワクチン接種期間となっているかと思いますが
皆さんはもうワクチン接種されましたか?

先日のコラムでもご案内させて頂きましたが、
狂犬病ワクチンは一年に一度の接種が法律で義務付けられています。

しかし、体調が思わしくないなど何らかの理由があり
接種を見送った方が良いと獣医さんが判断された場合は
その旨申告することでその年のワクチン接種を見送ることができます。
かかりつけの獣医さんにご相談の上接種をご検討下さいませ。

また、ワクチン接種と同時にフィラリア検査とお薬投与を開始される方も多いかと思います。

今回は、イリオスマイル提携獣医師林先生に『フィラリア症について』の記事を書いて頂きました。

これからフィラリア予防を始められる方が多いかと思いますので是非ご参考にして頂けましたら幸いです。


こんにちは、獣医師の林です。
少しずつ気温も高くなり、蚊の活動も活発になる季節となってきました。
蚊が媒介する感染症と言えば…そう、フィラリア症ですね。
忠犬ハチ公の死因の1つとして、フィラリア症だったという話もあるそうです。

地域によってはすでにフィラリア予防がスタートされているかと思いますので、
今回はフィラリア症についてお伝えしていこうと思います。

まず、フィラリア症について。

よくフィラリア症は『蚊に刺されたら感染する』と思われがちですが、
単純に蚊に刺されただけではフィラリア症にはならず、
『フィラリア症に感染している動物の血を吸った蚊に刺されることで感染する』寄生虫疾患で、
別名を犬糸状虫症(いぬしじょうちゅうしょう)と言います。

フィラリア症は、感染幼虫が犬の体内に入ったからといって、
すぐに体調に変化がでるものではありません。
フィラリアが最終寄生場所に住みついて何年もかけて病状を進行させるので、
心臓や肺の血管がボロボロになった時に気がつくことが多い病気です。

主な症状は急性の場合、急性フィラリア症(大静脈症候群)を引き起こします。
フィラリアは、通常右心室から肺動脈に寄生していますが、
右心房から大静脈洞に移動することにより、
急速に心不全状態が進行して、呼吸困難、運動不耐症、血色素尿などの厳しい症状が生じ、
手術でフィラリア虫体を摘出しないと、多くは1週間から2週間で死亡してしまいます。

慢性の場合、腹水や胸水、貧血、肝硬変などで、
定期的に心臓の薬や腹水除去を行わないと生活の質を保てない場合があります。

フィラリアが心臓に寄生して症状がでる期間はその蚊にさされる頻度や寄生数と感染部位によるところが多く、
1,2年たって症状がでる場合や10年以上たって症状がでるなどさまざまです。

過去、犬の死因の上位には必ずフィラリア症が挙げられていましたが、
予防薬の発展によって、現在は過去ほど感染犬数は多くありません。
感染犬が少なくなれば、自ずと感染リスクも少なくなりますが、
それでも毎年フィラリア症で命を落としている子がいるのも事実です。

では、フィラリア症から我が子を守るには?
それが毎年服用されている予防薬になります。

蚊は気温が15℃以上になると吸血を始めるため、
毎年暖かい季節になってから服用を開始し冬場は休薬されるスケジュールとなります。
しかし、この情報だけだと投薬期間があいまいになってしまいますよね。

そこで、予防薬のスタート時期を決める際に重要となるのが『HDU』というものです。

HDUとは、犬フィラリアを媒介する蚊の体内でフィラリア幼虫(ミクロフィラリア)が
成熟するために必要な積算温度の単位です。
近年フィラリアの感染可能期間を類推する方法として日本犬糸状虫症研究会、
犬フィラリア症予防普及会により提唱されているもので、概ね感染期間と一致すると考えられています。

HDUを算出することによって、犬フィラリア症が感染する期間を推定することができ、
各地域毎のフィラリア予防薬投与期間の目安が設定されています。
HDUを用いた感染期間の目安については、DSファーマさんのページで、
お住まいの地方の感染期間を調べることができます。
是非一度、DSファーマさんのページをご覧ください。

ご自身の地域の投薬期間が分かったら次に押さえておきたいポイントがお薬です。

フィラリアのお薬には内服、注射、滴下と3タイプがあり、
それぞれにメリットデメリットがあります。

①内服の場合
メリット:月に1回、通院する場合には薬を貰うときに健康診断もある。
※数ヶ月分の薬をまとめて処方する病院もあり)
チュアブルタイプだと味付きなので、投薬が簡単な場合も。
デメリット:毎月1回の投薬を忘れるリスク。

②注射の場合
メリット:年に1回もしくは2回だけで対策が完了するので、薬を与え忘れることがない。
デメリット:体への負担、注射の副作用、死にいたるケースや、
注射が嫌いな犬には精神的負担が考えられる。費用も高め。

③滴下の場合
メリット:毛をかきわけ、肌に数滴の液を垂らして投薬終了、簡単に投薬できる。
デメリット:毎月1回の投薬を忘れるリスク。
犬が薬をなめてしまったり、すぐシャンプーすると薬が流れ落ちてしまう。
肌が弱いイヌは皮膚が赤くなったり肌荒れする

メリット、デメリットを押さえたうえで、我が子にはどのタイプがあっているかどうかについて
病院の先生ともご相談いただくと良いかと思います。

そして、フィラリア薬はあくまでも『駆虫薬』であり、
蚊に刺された後のケアとして用いるもので真の意味での予防にはなりません。
また、病気を患ってしまっている子やお体が弱っている子の場合には、
駆虫薬を服用することでご体調を崩してしまうということも少なくありません。

本来の予防を考えると『蚊に刺される前』のケアも取り入れることが重要と考えられます。
市販の虫除けスプレーなどを使用するのも良いと思いますが、
成分によってはお体にご負担となってしまうことも十分考えられますので
お体に優しい方法で予防を行っていきたいですよね。

また、イリオスマイルで取り扱っている『ニームシリーズ』ですが、
ニームというのはアーユルヴェーダに伝わる植物で天然の虫除け剤として知られています。
有機農業の防虫対策としても使用されており哺乳類に対しては無害であるとされているそうです。

蚊に刺されることを100%防ぐということは難しいかもしれませんが、
何かしらの理由で駆除薬を使用することが難しい場合や、
あまりお薬を使いたくないという場合には天然成分である『ニーム』を取り入れてみてください。


最近フィラリアのお薬っていろんなタイプが出ているかと思います。
錠剤、チュアブル錠、ノミやダニも一緒に駆除できるものなど
4~5種位選択肢があると「どれを選べばいいの?」と、迷ってしまいます。

先生ともお話していたのですが、
フィラリア・ノミ・ダニ駆除がが1つにまとまっているものは、
投薬が月1回で済む(別々に行わなくて済む)というメリットがある一方で
全てを予防するということはそれだけお体に負担となる成分を一度に摂取するということになる為
その点はデメリットと言えるかもしれません。

実際、一体型のお薬の服用後体調を崩ずしてしまう子も多いようですので、
体の負担を第一に考えるのであれば別々の対策が良いかもしれません。

ご愛犬に合うお薬を選んであげて下さいね!

そして、先生もご紹介下さいました「ニームアロマシリーズ」は
天然成分使用で身体に優しく毎日のケアができます。是非チェックしてみて下さいね!

★ニームアロマシリーズはこちらから

に投稿 コメントを残す

愛犬の病気予防をしよう~混合ワクチン編~

混合ワクチンイメージ写真

 

看板犬いちごは現在「甲状腺機能低下症」の疑いで治療を続けています。
病の影響でほぼ脱毛していた身体の毛も、今ではすっかりモコモコに毛が生え、
血液検査の数値も標準値への回復してきました。

しかし、一年前のいちごは検査結果も思わしくないし、
首から下は脱毛してとても可哀そうな姿をしていました。

狂犬病ワクチンを打ってもらおうと動物病院に行ったものの
院長先生の判断により”接種見送り”となっていました。

そうなんです。
先日の林先生のコラムにもあった通り、
体調によっては狂犬病ワクチンは見送ることができるんです。

今年は、随分体調も良くなったいちご。
獣医さんと良く相談の上、今年の狂犬病ワクチン接種について検討したいと思います。

そして、ワクチン接種と言えば
狂犬病の他に混合ワクチンもありますね。

皆さんは、混合ワクチンは毎年接種させていますか?
狂犬病ワクチン同様、混合ワクチンも毎年接種しなければならないと思っていますか?

今回は、混合ワクチン接種について林先生にコラムを書いて頂きましたので
是非この機会に混合ワクチンについて考えてみて頂けましたら幸いです。


こんにちは。獣医師の林です。
先日は狂犬病についてお話させていただきましたが、今日は混合ワクチンについてのお話をさせていただきます。

狂犬病ワクチンは国で定められている『必須ワクチン』ですが、
混合ワクチンは個人で接種するか否かを選べる『任意ワクチン』ということはご存じでしたでしょうか?

混合ワクチンも、ペットショップやブリーダーさんから迎え入れるときにすでに接種が終わっており、
動物病院からも毎年ワクチン接種のお知らせのお葉書が届くので、
『必須』と思われている方も少なくないように思います。

ワクチン接種のメリットとしては、ウイルス性の感染症の予防になるということ。
犬猫さんにとって致死率の高い感染症に対してあらかじめ免疫力を付けておくことで、
万が一感染してしまっても軽症で済むように接種するものになります。

混合ワクチンは何種類のウイルスに対して予防効果があるかワンちゃんで2種~11種、
ネコちゃで3~5種があります。(その他、単体のワクチンもあります)

ワクチンを打っておくことで、その感染症に対しての『抗体(武器のようなもの)』を作ることができます。
生まれたばかりの子は、母乳に含まれる移行抗体という免疫によって体が守られていますが、
移行抗体は生後数か月で消失してしまいますので、
移行抗体がなくなった後に体を守るためにワクチン接種が必要となります。
移行抗体がなくなる時期は個体差があるので、
初年度のワクチン接種はだいたい2~3回に分けて追加接種を行います。

そして、もう一つ重要なのは、ワクチンの種類をどうやって選ぶかという点です。

『種類が多いほうが安心』ということで、
ウイルスが予防できる数が多い混合ワクチンを接種されているというお話もよく伺いますが、
種類が多ければ多いほどお体には負担がかかるということはご存じでしょうか?

混合ワクチンには『コアワクチン』と呼ばれるものと『ノンコアワクチン』と呼ばれるものが含まれています。

『コアワクチン』とは、感染力がとても強く命にかかわってしまうことがあるような感染症で、
・人獣共通感染症であり人の健康に重大な被害を及ぼす可能性がある伝染病
・広く流行しており多くの動物に被害を与える可能性がある伝染病
を予防するワクチンを指します。
例えば、ジステンパーウイルス、パルボウイルスなどがあります。

『ノンコアワクチン』はコアワクチンほど強いものではないものの、
生活環境やライフスタイルに合わせて必要になるワクチンを指します。
例えば、レプトスピラ、パラインフルエンザウイルスなどがあります。

世界小動物獣医師協会(WSAVA)では、
コアワクチンは一度免疫を獲得すると3年間免疫力が維持できるとされています。

そのため、WSAVAのワクチネーションガイドラインでは、
コアワクチンの場合初年度に接種が終わった後は3年ごとよりも短い間隔で接種すべきではないとしています。

ノンコアワクチンについては、地域によって発生率も変わります。
そのため、地域ごとのウイルス感染症発生率を調べていただいたうえで、
何種類の混合ワクチンを受けたほうが良いのか否か検討されるのがお勧めです。

住む地域以外にも、アウトドアなどで地方に行かれることが多い方は、
その地方の発生率も調べておいたほうが良いですね。
(数年前のものにはなりますが『いぬねこワクチン』というサイトで調べることができます。)

ただ、ウイルスの種類によって免疫持続期間も違いますし、
中にはノンレスポンダーと言ってワクチンを打っても抗体価が上がらない体質の子もいらっしゃいます。

WSAVAでは、ワクチンも薬の一種であり、むやみやたらに打つものではないと記載していますので、
年に1回のヘルスチェックとしてワクチンの効果を判定する血液検査(抗体価)を実施し、
抗体価をみた上で、現在どのワクチンが必要なのかを判断し接種するのが理想です。

また、混合ワクチンも狂犬病ワクチン同様、副作用のリスクがあります。

狂犬病ワクチンの記事でもお伝えしましたが、ワクチンは重篤なアナフィラキシーを引き起こす可能性があります。
アナフィラキシーが起きてしまうのは接種後15~30分程度に発生する率が高いため、
接種後はご愛犬のご様子をしっかりみてあげてください。
可能であれば、接種後15~30分程度は院内で待たせていただくか、お車での来院の場合には車内で待機するなど、
何かあったらすぐに病院に駆け込めるような場所で待機されることをお勧めいたします。

アナフィラキシー以外にも、ムーンフェイスや嘔吐、粘膜の蒼白などの副作用が見られるほか、
ネコちゃんの場合には『ワクチン反応性肉芽腫』という進行がとても速い腫瘍を引き起こしてしまうこともあります。

接種後に体調不良を起こした際、動物病院の診察時間内にかけこめるよう
午後も診察している日の午前中に接種されることをお勧めします。

※ワクチンによる副作用の報告については、『動物用医薬品等副作用データベース』のページで調べることができます。
我が子が一体どのワクチンを接種しているのか、そのワクチンでどのような副作用の報告があがっているのかは、
一度ご確認いただいたほうが良いかと思います。

大事な命を守るためのワクチンで、命を落としてしまっては元も子もありません。
今は、トリミングサロンやドッグカフェでも『ワクチン抗体証明書』があれば入れるような場所も増えてきているようです。

予防と言えお体に負担がかかるものですので、その子のご体調やどこまでの種類が必要か否かなど今一度お調べいただき、
一番お体にご負担とならない方法でワクチネーションをおこなってあげてくださいね。


私たち人間もそうですが、予防接種を受けた後は「お風呂に入らない」「安静に過ごす」
など、注意事項があります。

ご愛犬の場合も同じです。
ワクチン接種後は、運動などは控えゆっくりと一緒に過ごしてあげて下さい。
そして体調の変化があった場合はすぐに対応できるよう
愛犬だけをお留守番させることは控えて、
必ず午後診療もある日の午前中に接種するようにしてあげて下さいね。

そして、日頃から栄養たっぷりの食事と適度な運動で
体力・免疫力のある身体作りを心がけて下さい。

に投稿 コメントを残す

狂犬病ワクチンについて考える

狂犬病予防注射イメージ写真

 

日本では法律で飼い犬への狂犬病ワクチン接種が義務付けられています。
春は、年に一度の狂犬病ワクチン接種のタイミングとなっており
各自治体から接種を促すお知らせが届きます。

年に一度のこのタイミングだからこそ、
この機会にワクチンについて少し考えみてはいかがでしょうか?

イリオスマイルでは、今年から獣医さんとの提携を始めました。
その獣医さんは、「長生き犬ごはん」「長生き猫ごはん」という
手作りごはんの著書も出版されている林美彩先生です。

林先生は、犬猫の食事にとっても詳しい獣医さんなのですが、
『獣医さん』と一言で言っても、その専門は多岐にわたり
正直食に詳しい獣医さんはそう多くはありません。

しかし、かかりつけの獣医さんに
「このフードしか食べてはいけません」
「〇〇は食べてはいけません」
「体調が悪いのはこのフードせい」
などと言われれば、大切な我が子のために”その言葉は絶対守らなければならないもの”
になってしまうのが親心だと思います。

それは愛する我が子の為です。
そう思われるのは至極当然のことだと思います。

しかし中には、「かかりつけの獣医さんの仰っていることがあまり腑に落ちない」
そうおっしゃる方もいらっしゃいます。

そのような方に食事についてご相談されることが多いのですが、
薬機法という法律があり私たちは「○○に効く「〇〇病には〇〇が良い」
などというアドバイスはできる立場にありません。
悩んでいらっしゃるお客様を前に、お応えすることができずいつも歯痒い想いをしています。

そこで、少しでも皆様のお悩みに寄り添えたらと思い獣医さんと提携をさせて頂きました。

今後、コンテンツを作って頂いたり、
リアルショップでは食事の相談会などができたらと思っております。

どうぞ楽しみにしていてくださいね!

その林先生が、「狂犬病ワクチン」についてコンテンツを作って下さいました。
是非参考にして頂けましたら幸いです。


こんにちは。獣医師の林と申します。

春はワンちゃんの予防の季節、狂犬病ワクチン接種のお葉書が各市町村から届き始めているかと思います。
ところで、狂犬病について、皆さんどのくらいご存じでしょうか?
毎年通知が来るから打っているという方も多いのではないかと思いますが、ワクチン接種にはメリットデメリットがあります。

ワンちゃんの健康を守れるのは飼い主様ですので、是非この機会に狂犬病について今一度考えていただければと思います。

狂犬病は、「狂犬病ウイルス」によって発症する人獣共通の感染症ので、
犬だけではなく猫や人など全ての哺乳類が感染する可能性があります。
狂犬病にかかった動物に咬まれたりすると狂犬病ウイルスに感染し、数週間?数ヶ月程度の潜伏期間を経て発症します。
症状としては、狂躁型と沈鬱型(麻痺型)の2種類ありますが、どちらも食欲不振や徘徊、
攻撃性などが見られたりし、発症後はほぼ100%死に至るという恐ろしい感染症です。

日本は1957年を最後に狂犬病の発生がない清浄国ですが、狂犬病を抑え込んでいる国は日本以外には
スウェーデン、オーストラリア、ニュージーランドなどごくわずかで、
アジア・アフリカ地域を中心に全世界的に発生し、年間約5万人以上が亡くなっています。
つまり、清浄国とは言え、近隣国ではまだまだ狂犬病が蔓延していますので、日本も油断はできません。

そのため、日本では『狂犬病予防法』という法律で、

  • 犬を飼育してから30日以内に市区町村の窓口(保健所等)で「犬の登録」を行う
  • 生後91日を越えた犬には、年に1回、4月1日~6月30日の間に狂犬病予防ワクチンを接種する(例外あり)

ということが義務付けられています。

国の法律で定められていますので、接種は義務であり、怠った場合は20万円以下の罰金の対象になりますし、
万が一、狂犬病ワクチンを接種していない犬が他人に咬みついてしまった場合、2週間の係留経過観察措置の対象となってしまいます。

しかし、全ての子が必ず接種しなければならないというわけではなく、
獣医師が「ワクチン接種が望ましくない」と判断した場合には、その年度の接種を見送ることができます。
狂犬病ワクチンの添付文書の対象動物の使用制限等というところには、注射の適否判断を慎重に行う事項について記載されています。

添付文書は飼い主様も見ることが可能ですので、飼い主様ご自身が、ご愛犬が接種しても大丈夫なのか否かを確認していただくことも
我が子を守るうえで大事な事だと思います。

※ただし、飼い主様が判断して打たないということを選ぶことはできませんので、
該当する疾患や症状が見られるようであれば、かかりつけの先生に申告し、ご相談の上接種について決められてください。

そして、ワクチンは、重篤なアナフィラキシーを引き起こす可能性があります。
アナフィラキシーが起きてしまうのは接種後15~30分程度に発生する率が高いため、接種後はご愛犬のご様子をしっかりみてあげてください。
可能であれば、接種後15~30分程度は院内で待たせていただくか、お車での来院の場合には車内で待機するなど、
何かあったらすぐに病院に駆け込めるような場所で待機されることをお勧めいたします。

また、接種後に体調不良を起こした場合でも動物病院の診察時間内にかけこめるよう、
午後も診察している日の午前中に接種されることをお勧めします。

日本は清浄国とは言え、国内の狂犬病ワクチン接種率は70%程度、未登録犬を含めると45%程度に止まっていると言われています。
一般的にワクチン接種率が70~80%を超えないと、その病気の大流行が起こる可能性があるとされていますし、
近隣国での狂犬病発生を考えると、万が一狂犬病が国内に入ってきてしまった場合、大流行が起きてしまう可能性は十分考えられます。
大切なご愛犬だけでなく、他のワンちゃんや猫ちゃん、そして人間を含む哺乳類の命を守るためにも、
再び国内で狂犬病が発生しないよう予防に努めることが飼い主の義務だと思います。

とはいえ、ワクチンなのでお体には負担がかかるもの。
十分な栄養摂取と適度な運動、睡眠を与えてあげる事が、健康維持の秘訣でもあります。
ワクチン接種後はいつもよりも運動量を控えてあげて、安静に過ごしていただくとともに、
デトックスを促してあげるような食材を取り入れて、お体のケアを行ってあげてください。

デトックス食材だと、

  • しじみ
  • 青魚
  • 海藻類
  • ゴボウ
  • キノコ類
  • 菜の花
  • 大豆
  • 玄米

などが挙げられます。

春が旬ということを考えると、菜の花はとってもお勧めな食材ですね。
玄米はドロドロのお粥くらいまで炊いていただくと、消化の負担軽減にもつながります。

イリオスマイルの商品ですと…

銚子産 サバレトルト 100g

花さば 薄削り 30g

熊本産乾燥野菜ミックス 200g
キノコもゴボウも入っています

国産マルベリーと8種の雑穀パフ 50g
お湯をかければあっという間にドロドロにふやけてくれます

等のサポート商品がございます。
是非ご活用頂けましたら幸いです。