に投稿 コメントを残す

≪犬 シャンプー≫安全なシャンプーの選び方

看板犬いちごシャンプー中

皆さんは普段どんなシャンプーをお使いですか?
世の中には無数のシャンプーがあり、TVCMでもガンガンに流れているので
どのシャンプーにしたらいいのか正直迷ってしまう程です。

私自身かなりシャンプージプシーしておりまして
様々なシャンプーを試してきました。

天然由来のナチュラル系シャンプーや、美容室で良く使用されている
高級シャンプー、オーガニックシャンプーと言われるもの、
楽天市場でランキング1位のシャンプー等、かなりいろんな種類のものを
試してきました。

恐らく一般的に普及しているのは、ドラッグストアやホームセンター、
スーパー等で売っている市販シャンプーでしょう。
「市販のシャンプーであんまり良くないんじゃない?」と思っていましたが、
最近では「ノンシリコン」を謳うものが増え案外良いのかな?って余計に
迷ってしまいますよね?

では、「一体どんなシャンプーが良いのか?良いシャンプーの見分け方は?」
というお話です。

最初に結論を言っちゃいます。
・ラウリル硫酸Na
・ラウレス硫酸Na
が入っていないものを選ぶことをおすすめします。

では、その理由を説明していきますね。

そもそも
・ラウリル硫酸Na
・ラウレス硫酸Na
って何?という疑問が起こりますよね?

そこからご説明します。

これらは、非常に強い脱脂力を持つアニオン界面活性剤です。
洗浄力が高く、泡立ちが良い。その分刺激も強い。
これがメインの洗浄剤である場合は、肌の乾燥を促進させ、髪がパサつきます。
単価が安いので安価なシャンプーによく配合されている洗浄剤です。
ラウレス硫酸Naよりもラウリル硫酸Naの方がより浸透しやすく、
肌荒れを起こし易いと言われています。
最も避けたい洗浄成分の一つです。

ではなぜ、ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Na
を使うと髪や皮膚が痛むのでしょうか?






それは「タンパク変性」を引き起こしているからなのです。

タンパク変性は、熱や酸、その他の刺激で引き起こります。
こうした刺激の強い化学物質も変性を起こす原因となります。

私、シャンプーが合わないと髪の先が当たるデコルテとか背中に
赤いポツポツができたりしていたんですね。
もしかしたらこれって、ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naなどの強い刺激に
肌が反応してしまったのかもしれないな・・・。

そして、一度タンパク変性を起こしてしまうと元には戻らないのです。

例えば、「生卵」に熱を加えると「ゆで卵」になります。
これがタンパク質の熱変性です。
一度「ゆで卵」になったものは「生卵」状態にもどすことはできません。

これがお水だと、水⇔お湯が何度も変化可能ですよね。

つまりは、刺激を受けてタンパク変性を起こし痛んだ髪は元には戻らないのです。

こうやって説明しても分かり難いですよね?
そこで、ご紹介されていた実験を私も真似してみたいと思います。

使うのは先ほどの例えで使わせて頂いた「卵(卵白)」です。

ではでは、実験スタート!!!!!!!!!!!!

まず、今回の実験にはシャンプーを5つご用意しました。

1)超メジャーで誰でも知っている国民的シャンプー「M」。

 

ラウレス硫酸Naが入ってますね。

2)美容院専売シャンプーの一つ「M」。
美容院では5本くらいセットになったトリートメントを渡されることがあるな・・・。

こちらもラウレス硫酸Naが入ってますね。

3)オシャレな美容院では必ずと言っていいほど扱っている高級シャンプー「K」
私は長年これを使っていました・・・。

こちらもラウレス硫酸Naが入ってます。

4)今、楽天で一番売れているかもしれない「B」
只今わたくし絶賛お試し中!

こちらにはラウレスもラウリルも入っていませんね。

5)イリオスマイルで販売しているワンちゃん用シャンプー「A」
って、これイニシャルにしなくて良くない?(笑)

こちらには何にも怪しいものは入っていませんね。

次に、卵白を用意します。

こんな感じに、卵白をほぼ均等に分けます。
ちょうどね一輪挿し用のこんなインテリアをもっていたのですが、思いがけずこの実験に最適!

次に、左から順番に1~5のシャンプーを試験管(とここでは呼ぶことにします)に入れます。

そして、1本ずつ手に持って…

思いっきり振ります!!!!!

5本全部振り終わった後がこんな感じ。
泡立っちゃって良く分からないので10分程放置します。

そして、10分後の結果がこちら↓

 

分かりますか?
左から「1のシャンプー」、左から2番目「2のシャンプー」と続きます。

明らかに違いが分かりますよね?

1と3のシャンプーは完全に白っぽくなっています。
これが「タンパク変性」が起こって、たんぱく質が変化した結果です。
この両方に「ラウレス硫酸Na」が入っていましたね。
本当に変化が起こるんだ~って正直びっくりしちゃいました。

次に2のシャンプーがうっすら白くなっています。
こちらにも「ラウレス硫酸Na」が入っていましたね。
でも、1と3程変化は起こっていませんでした。

そして、4のシャンプーは何となく濁ったかな?って感じです。
こちらには特に気になるものは入っていませんでしたね。

最後に5のシャンプーは全く濁っていません!
この5のシャンプーは当店で販売している「アーユルニームシャンプー」なのですが
100%天然成分を謳うだけのことはあります!
優しさがこの目で確信に変わりました♪

皆さん こうして目で見ると分かり易いですよね。
是非、お時間があれば皆さんも実際に実験してみてくださいね。

では、なぜそんな肌や髪に良くないものを使用するのか?

答えは一つ。「安いから」です。

以前大手メーカーのボトルシャンプーは原価100円程度だと聞いたことがあります(真偽のほどは不明です)。
恐らく相当な大量生産でコストが抑えられているなどもあるかもしれませんが…

ですから、市販のシャンプーをチェックしてみると
大体このラウリル硫酸Naかラウレス硫酸Naが入っています。

しかし、厄介なのは高級シャンプーと言われる超有名シャンプー
にも入っていたりします。
調べてみたら、私が以前使っていた超有名シャンプーにも入っていました。
正直めちゃくちゃショックです。

ぜひ皆さんもお家のシャンプーを今すぐチェックしてみて下さいね。

簡単に悪いシャンプーの構造を言うと、
1.洗浄成分として「ラウリル硫酸」や「ラウレス硫酸」を主成分とする
2.しかしこれでは髪の傷んで指通りが悪くなる(髪がきしむ)
3.指通りを滑らかにする為に、本来はシャンプーに入れるべきではない
シリコンを入れる
という感じです。

シャンプーとは本来頭皮や髪の汚れを落とすもの。
その後トリートメントで髪を整える。
その際、トリートメントは髪だけにつけ頭皮には付けない。

と、正しいシャンプーの仕方で教わったことがあります。

シリコンはキューティクルに付着してコーティングする作用があるので、
手触り良く艶を出してくれます。
しかししっかりと洗い流さないと頭皮の毛穴つまり等を起こし、
フケや頭皮詰まりや汚れ、頭皮や毛髪が油っぽくなる原因となってしまうのです。
流し残りがあるとパーマがかかりにくくなったりカラーが入り難かったり
もするようです。

毎日当たり前にやっているシャンプーって、成分だけでなく
洗い方も大切なんですね…(しみじみ)

【結論】
・できるだけ「ラウリル硫酸」や「ラウレス硫酸」を主成分とする
シャンプーを避ける。
・シャンプーの中にシリコン成分(ジメチコン、シクロメチコン、
シロキ、シリカ、メチコンなど)が入っているものも避ける。

そしてこれは、私たちでなくワンちゃんたちにとっても同じこと。
ワンちゃん用のシャンプーには成分がちゃんと書いてないものが
本当にたくさんあります。

成分一覧があっても、最後に『他』と記載されて
その『他』に何が入っているかわからない場合があります。

100%成分を表記し、その表記された成分の中に
「ラウリル硫酸」や「ラウレス硫酸」、シリコン成分が含まれて
いないものを選ぶと安心なんじゃないかと思います。

悩んだら、是非一度当店がおすすめする「アーユルニームシャンプー」を
お試しになって見て下さいね!

アーユルニームシャンプー