に投稿 コメントを残す

≪小食・食欲不振にお困りの方必見!≫好き嫌いのはげしい子にお困りですか?

◆好き嫌いのはげしい子にお困りですか?

愛犬の心配事は絶えません。
特にオーナーの皆さんが気にされているのは食事のことでしょう。
食が細い子や逆に食欲旺盛すぎて肥満な子・・・。
人間と同じように犬にだって食べ物の好き嫌いがあるんです。
好き嫌いを放っておくと体調不良の原因になります。
好き嫌いをなくして健康で長生きする食事を考えましょう。


◆こんな食事の仕方をしていたら気を付けましょう。

「最近、ごはんをあまり食べなくなった」
「ごはんを食べるのをすぐにやめてしまう」
「ダラダラといつまでも食べている」…
このような食事の仕方が愛犬に見られたら、それは好き嫌いの始まりかもしれません。
また、特に体調が悪そうでもないのにごはんを食べない、
ドッグフードは食べないのにおやつは欲しがるというのも、
愛犬に好き嫌いがあるサインです。
好き嫌いをして偏った食事をしていれば栄養が偏り、病気にかかりやすくなってしまします。
食事の躾をきちんと行うことで、愛犬の好き嫌いをなくしていきましょう。


◆好き嫌いの原因を突き止めるところからはじめましょう。

好き嫌いの原因を突き止めないことには改善のしようがありません。
愛犬がごはんを食べない理由を考えてみましょう。
いくつか考えられる要因を挙げてみました。

1.病気の可能性
元気もなく、嘔吐や下痢など何らかの症状がみられる場合はすぐ病院へ行きましょう。
もし、何も症状がなければ、少し様子を観察して見てください。

2.精神的ストレスの可能性
小型犬などによく見られるのが、ストレスがかかっている場合です。
例えば、「パートナーが出かけている」「天気が悪く散歩に行っていない」など
ちょっとした環境の変化に敏感に反応します。

3.人間の食べ物を与えている可能性
人間の食べ物は犬の食べ物と比べ、味付けが濃くなっています。
その為、ごはんよりもおいしいものがあると思い、ドッグフードを食べなくなってしまうことがあります。

4.おやつの与えすぎ
トレーニングのご褒美として与える分には問題ありません。
しかし、ねだられるままに与えていると、犬は「今、食べなくても、あとでおやつを食べられるからいいや」
と思ってごはんを食べなくなってしまいます。


◆好き嫌いをなくすための食事の躾け方を考えましょう

原因がわかったところで、次は好き嫌いを直さなければいけません。
好き嫌いをなくすには日頃の食事から直して行かなければなりません。
まずは食事をダラダラとずっと出しておかないようにしましょう。
食事を出して15分~30分たっても食べないようなら、片づけてしまいます。
1~2時間したら、もう一度あげてみましょう。
それでも食べないようなら、また片づけます。
その後は催促されても与えてはいけません。
そうすることにより、今食べないとごはんがなくなってしまうという環境にします。

次におやつを与えすぎないようにしましょう。
ごはんを食べないからといって、代わりにおやつを与えてはいけません。
ごはんを食べなかったらおやつをもらえると思ってしまいます。
栄養が心配でどうしてもあげたいというときはジャーキーなどではなく、
ヤギミルクやフリーズドライチーズなどをあげましょう。
栄養価も高く、ジャーキーほど味も濃くないので、癖になりにくいでしょう。


◆まとめ
愛犬の好き嫌いは犬のせいではありません。
もともと犬は雑食です。
そこに好みを作るのは、毎日毎日食事をあげるパートナーである自分ということを忘れてはいけません。
ごはんを食べないからといってコロコロごはんの種類を代えていたら、
犬もどんどんグルメになっていくでしょう。
ごはんを食べないとき「どうしよう」と焦るのではなく、
いろいろなものを与えるより「食べないならあげない」という厳しい態度もときには必要だと思います。
もちろん病気の兆候がないことは、事前に確認してくださいね。

 

に投稿 コメントを残す

≪ドッグフードの中身って何?≫原材料によるドッグフードの選び方

ペットショップに行くと色々な種類のドッグフードが売られています。
価格の安いものから原材料にこだわったものまでどれを選んだらいいのか分からなくなるほどです。

「ドッグフードなんてどれを買っても変わらない」と思っているとしたら、それは大きな間違いです。
私たち人間が口にする食品と同様に、ペットフードでもただ安いことだけをPRしている商品には、
それなりの理由があるからです。
今回は、価格ではなく、原材料や品質を意識したドッグフードの選び方について解説致しましょう。


◆安さの理由を探ってみましょう

スーパーやホームセンター、あるいはドラッグストアなどで、セールの目玉商品として
売られている商品では、安さの理由としてメーカー協賛だったり、競合店との値引き競争だったり、
あるいは品質保持の期限が迫っていたり、在庫処分品だったり…など
ちょっと調べてみればその理由が判ってきます。

そんな中で気を付けたいのが、極力原価を抑えて、最初から安さだけを売り物にしようとしている商品です。

ペットフードの例では、とにかく安く売るために、原材料として使用されているお肉の中に、
「人間が食べる部位以外の肉」、つまり「廃棄用」や「残さ」と呼ばれるものがメインになっているものが
少なくありません。
中には、「4Dミート」と呼ばれるランクの肉なども含まれる場合があります。
「4Dミート」は、最低ランクの肉のことです。
肉はランクが分けされており、1ランクは霜降りなどの1番品質の良い肉です。最低の9ランクの肉は
Dead(死んだ動物の肉)、Dying(死にかけていた動物の肉)、Diseased(病気の動物の肉)、Disabled(身体の一部に障害がある動物の肉)」のことを指します。

それらを骨ごと粉砕し、ミンチ状態にして栄養成分を整えるために、食品添加物や薬剤を
大量に混ぜ合わせているなどのケースがあります。


◆基本は、安全に、そして安心して与えることが出来るドッグフード選び

パートナーの中には、愛犬の健康を気遣うあまり「犬に食べさせてはいけない食べ物」を
必死で調べています。
インターネットなどで調べれば調べるほど、あまりに多くのものが検索されるため、
ついには何を食べさせればいいか分からなくなることもあります。

最初に述べたように、ただ安いだけで品質が劣るドッグフードがある一方で、
最近では無添加で国産の原材料を使用したものも多く出回るようになってきました。
つまり、人間でも食べられるような、安全で、高品質で、栄養価も高く、安心して与えることが出来る
ドッグフードです。

そもそも、犬は昔から人間とともに生活をしてきて、人間とともに食事をとっていました。
まさに家族の一員なのです。
だからこそ、ドッグフード選びについても人間が食品を選ぶのと同じ視点に立って
選んでみてはいかがでしょうか?


◆愛犬の体調にも気を配りましょう

人間が毎日食品スーパーなどで、「今日は家族に何を食べさせようか」と考えることと同様に、
愛犬への食事にも、愛犬のその日の体調などに合わせたものを選ぶことが当たり前になってきています。

新鮮なお肉を使ったドッグフードを安全に保存するためには、法律で認められた添加物も多少必要になって
くる場合もあります。
その含有量や栄養成分などにも知識を持つことが大切です。

原材料を知ると共に、品質保持に必要な含有添加物の名前や適量なども勉強しながら、愛犬と末長く
楽しく、そして、パートナーと愛犬がお互い健康的に毎日を過ごせることを願っています。


◆まとめ

インターネットや本で調べて、愛犬に少しでも良いものを与えたいと考えているパートナーさんは
多いと思います。ドッグフードの選び方も重要になってきます。

ドッグフードの選び方として、

  • 化学薬品、合成着色料を含まないものを選ぶ
  • なるべく国産のものを選ぶ
  • 原材料、原産国情報を開示しているものを選ぶ
  • 使用している原材料を細かく明記してあるものを選ぶ

このような点に注意しながら選んでみてはいかがでしょうか?

「あれはダメ」「これはイイ」と勝手に判断して、ただ制限するだけではなく、
どんな物を食べさせたら、愛犬の今の体調に合うのかなどよく吟味してみて下さい。

に投稿 コメントを残す

≪成分表読めますか?≫安全なドッグフードの見分け方

◆成分表読めますか?安全なドックフードの見分け方

2007年3月、中国で製造されたペットフードを継続して食べた多くのイヌやネコが死亡したという事件の
報道が米国でなされました。
死因は腎不全でした。
このペットフードに含まれていたのはメラミンという有機化合物でした。
樹脂化されたメラミンは耐水性、耐候性、耐摩耗性に優れているため、様々な工業製品の材料だけでなく
接着剤や塗料の原料として使用されます。

ではどうして、食品でも食品添加物でもない有害物質であるメラミンがペットフードに混入されて
しまったのでしょうか?

◆ペットフード安全法成立の背景

メラミンを使用すると成分検査時にタンパク質含有量が実際の数値よりも高く表示される場合があります。
食品中のタンパク質の含量は、通常、食品に含まれる窒素の量を測定して求めますが、メラミンは窒素を
多く含むことから、メラミンを混合することで、たんぱく質の含量を実際より多く見せかけていたのです。

また中国の事件では、牛乳にメラミンを混入し牛乳のタンパク質の含量を実際より多く見せかけようと
していました。
この事件を引き起こした地域では、もともと生乳の出荷量をかさ増しするため、生乳に水を加えていました。

しかし、水を加えることでたんぱく質の濃度が低くなることから、それをごまかすためにメラミンを
混合したのです。

ペットフードの場合には、原価の高い肉類の使用を抑えながらタンパク質の含量を維持するために、
有害物質であるメラニンを使用したのです。

問題となったペットフードは主に米国で販売され、その一部は日本にも輸入されました。

この事件がきっかけで、日本でも「愛がん動物飼料の安全性の確保に関する法律」(ペットフード安全法)が
成立し、平成21年6月1日から施行されたのです。
この法律によって日本国内で流通するすべての犬猫用のペットフードには添加物を含む原材料を表記すること
が義務づけられました。

人間の食の安全を守る法律は食品衛生法、そして、牛・豚・鶏などの家畜類は家畜飼料安全法によって
守られてきました。
しかし、ペットフード安全法の施行前にはペットの食の安全を守る法律はありませんでした。
また、日本国内で流通されているほとんどのペットフードが米国からの輸入品であることもあり、
その実態について私たち消費者はほとんど知らされておりませんでした。

◆ペットフードの中身について

これまでは、ペットフードの材料には何が使用されているかその実態はほとんど不明でした。
特に主原料である肉類には畜産副産物と呼ばれる食肉加工後の残部位や肉骨粉由来の油脂類などが
多く使用されていると言われていました。

ペットフード安全法は添加物を含むすべての原材料の表示を義務化しましたが、
これらの使用を禁止した法律ではありません。
また、酸化防止剤や防カビ剤の使用制限基準量もAAFCO(米国飼料検査官協会)に準拠しているため、
私たち人間の基準とは大きく異なります。

◆ペットフードに添加物が多く含まれる理由

ペットフードに添加物が多く含まれる理由は、メラニンの例でも紹介したように原価を抑えるために
安い畜産副産物などを主原料として使用しているからだと考えられます。
特に動物性脂肪や動物性油脂は加工段階から酸化が始まります。
植物性より早い酸化を抑制するために酸化防止剤が使用されます。

ペットフードの酸化防止剤として使用されることが多いエキトシン、BHA、BHTですが、
これらは食品衛生法では一部の食品の製造過程での使用を除き原則的に使用が禁止されております。
エトキシンは害虫駆除剤や除草剤の原料としても使用されるダイオキシン系の化学合成化合物であり、
BHA、BHTは本来石油やガソリンの酸化防止剤として使用されています。
つまり、これらは発がん性が確認されている毒性の強い添加物なのです。

ペットフードの主要5成分は粗タンパク質、粗脂肪、粗繊維、粗灰、水分です。
ドライフードであっても含有水分がカビと腐食の主な原因となります。
また、多くのペットフードは開封してから一定期常温保管されますので、アフラキトシンなど強力な
防カビ剤が添加されます。

◆表記のからくり

ペットフード表記の規則では、原料の使用量の多い順に表記することになっています。

それでは、実際に今あげられているフードのラベルをチェックしてみてください。

一番最初に記載されている原料は何ですか?
肉類(鶏・牛など)かもしれません。
しかし、そこには表記のからくりがあるかもしれません。

分かり易いように「とうもろこし」を例にしてみましょう。

・とうもろこし
・とうもろこし粉
・コーングルテン

など様々な表記があるかもしてません。
しかし、実はみな同じとうもろこし原料です。

ではなぜ表記を分けるのか?

それは、主原料を「肉類」に見せかけるためです。

分けずに「とうもろこし」とまとめて表記すると、肉類より割合が多くなり第一表記をしなければ
ならなくなるのを避けるために、あえて細かく分けるのです。

ペットフードは原価を下げる為に、コストの高い肉類よりも、穀物が主原料の場合が多々あります。
しかし、肉類が一番の主原料だと見せかけたい、それがこうした表記のからくりに表れているのです。

同じ原料を細かく分けて表記していたら、そのフードは見直した方がいいかもしれません。

◆まとめ

ペットフード安全法によって人間や家畜と同様に犬や猫の食の安全性についても法的整備が
行われるようになりました。
特に添加物を含む原材料の表記が義務づけられたことは、これまで多くの謎に包まれていた
ペットフードの中身について知るきっかけになるでしょう。

しかし、家族であるペットの食の安全性を守るためにはそれだけでは不十分です。
現実には人間には使用が禁止されている酸化防止剤などの添加物がペットフードには使用されています。

だからこそ、商品を購入する際は原材料・添加物一覧をチェックし、愛犬にとってより安全で安心できる
ものを選ぶようにしたいですね。