に投稿 コメントを残す

≪小食・食欲不振にお困りの方必見!≫好き嫌いのはげしい子にお困りですか?

◆好き嫌いのはげしい子にお困りですか?

愛犬の心配事は絶えません。
特にオーナーの皆さんが気にされているのは食事のことでしょう。
食が細い子や逆に食欲旺盛すぎて肥満な子・・・。
人間と同じように犬にだって食べ物の好き嫌いがあるんです。
好き嫌いを放っておくと体調不良の原因になります。
好き嫌いをなくして健康で長生きする食事を考えましょう。


◆こんな食事の仕方をしていたら気を付けましょう。

「最近、ごはんをあまり食べなくなった」
「ごはんを食べるのをすぐにやめてしまう」
「ダラダラといつまでも食べている」…
このような食事の仕方が愛犬に見られたら、それは好き嫌いの始まりかもしれません。
また、特に体調が悪そうでもないのにごはんを食べない、
ドッグフードは食べないのにおやつは欲しがるというのも、
愛犬に好き嫌いがあるサインです。
好き嫌いをして偏った食事をしていれば栄養が偏り、病気にかかりやすくなってしまします。
食事の躾をきちんと行うことで、愛犬の好き嫌いをなくしていきましょう。


◆好き嫌いの原因を突き止めるところからはじめましょう。

好き嫌いの原因を突き止めないことには改善のしようがありません。
愛犬がごはんを食べない理由を考えてみましょう。
いくつか考えられる要因を挙げてみました。

1.病気の可能性
元気もなく、嘔吐や下痢など何らかの症状がみられる場合はすぐ病院へ行きましょう。
もし、何も症状がなければ、少し様子を観察して見てください。

2.精神的ストレスの可能性
小型犬などによく見られるのが、ストレスがかかっている場合です。
例えば、「パートナーが出かけている」「天気が悪く散歩に行っていない」など
ちょっとした環境の変化に敏感に反応します。

3.人間の食べ物を与えている可能性
人間の食べ物は犬の食べ物と比べ、味付けが濃くなっています。
その為、ごはんよりもおいしいものがあると思い、ドッグフードを食べなくなってしまうことがあります。

4.おやつの与えすぎ
トレーニングのご褒美として与える分には問題ありません。
しかし、ねだられるままに与えていると、犬は「今、食べなくても、あとでおやつを食べられるからいいや」
と思ってごはんを食べなくなってしまいます。


◆好き嫌いをなくすための食事の躾け方を考えましょう

原因がわかったところで、次は好き嫌いを直さなければいけません。
好き嫌いをなくすには日頃の食事から直して行かなければなりません。
まずは食事をダラダラとずっと出しておかないようにしましょう。
食事を出して15分~30分たっても食べないようなら、片づけてしまいます。
1~2時間したら、もう一度あげてみましょう。
それでも食べないようなら、また片づけます。
その後は催促されても与えてはいけません。
そうすることにより、今食べないとごはんがなくなってしまうという環境にします。

次におやつを与えすぎないようにしましょう。
ごはんを食べないからといって、代わりにおやつを与えてはいけません。
ごはんを食べなかったらおやつをもらえると思ってしまいます。
栄養が心配でどうしてもあげたいというときはジャーキーなどではなく、
ヤギミルクやフリーズドライチーズなどをあげましょう。
栄養価も高く、ジャーキーほど味も濃くないので、癖になりにくいでしょう。


◆まとめ
愛犬の好き嫌いは犬のせいではありません。
もともと犬は雑食です。
そこに好みを作るのは、毎日毎日食事をあげるパートナーである自分ということを忘れてはいけません。
ごはんを食べないからといってコロコロごはんの種類を代えていたら、
犬もどんどんグルメになっていくでしょう。
ごはんを食べないとき「どうしよう」と焦るのではなく、
いろいろなものを与えるより「食べないならあげない」という厳しい態度もときには必要だと思います。
もちろん病気の兆候がないことは、事前に確認してくださいね。