▶ お散歩やお出かけに大活躍のケア用品
「春のニームキャンペーン」開催中!

ペット先進国ドイツの療法食
アレルギーケアフード



アニモンダ
インテグラプロテクト ドライフード
センシティブ アレルギーケア 4kg
- animonda INTEGRA PROTECT Sensitive -




インテグラプロテクト センシティブ(アレルギーケア)

「ご愛犬のごはんにこんなお悩みありませんか?」



●食物アレルギーを持っている
●シュウ酸カルシウムやストルバイト結石に配慮されたフードを探している
●穀物アレルギーを持っている
●療法食を探している



インテグラプロテクト センシティブ(アレルギーケア)

animonda(アニモンダ)とは?



ペット先進国であるドイツでは幅広い支持を得ているアニモンダのフード。
今では世界各国で多くのパートナーとオーナー様に愛されています。

アニモンダは、サラミやハム、ソーセージなどの人間用食肉加工製品を製造・販売する、
ドイツ有数の食品メーカー「ストックマイヤー社」の子会社です。
1991年の創立以来、品質や自然食品にこだわり、製造メーカーとして公正・適正であることを追求してきました。

人間用食肉加工製品を製造・販売してきたらこそ、ペットフードにもヒューマングレードである事を基本とし、
全ての原材料に対し厳しい安全基準を持ち、食材の鮮度にこだわって製造しています。
「動物は家族の一員である」という理念のもと、「パートナーが喜ぶ姿やオーナー様の喜ぶ姿が、
アニモンダ社の喜びでもある」という想いで製品を開発し続けています。
家族皆が幸せでいられる食事(療法食やステージに合わせた食事)を大切にしている会社、
それがアニモンダです。


インテグラプロテクト(療法食)シリーズ



パートナーの体調や状態に合わせて食材を調整した食事療法食です。
「療法食でも長く美味しく食べてほしい」という思いからアレルギーやパートナーの嗜好に合わせて素材をお選び頂けます。


腎臓ケアに配慮された療法食(ドライフード)はこちら


腎臓ケアに配慮された療法食(ウエットフード)はこちら


アレルギーケアに配慮された療法食(ウエットフード)はこちら


胃腸ケアに配慮された療法食(ドライフード)はこちら


胃腸ケアに配慮された療法食(ウエットフード)はこちら



食物アレルギーを抱えるパートナーへ。



※初めてのご利用の場合は、かかりつけの獣医師にご相談頂く事をオススメ致します。
 まずは3~8週間の期間内でパートナーの様子をご確認ください。
 症状が改善した場合はでも無期限にご利用いただけます。

●<動物性たんぱく源を1種類に限定>

食物アレルギーを抱えるパートナーに配慮して、動物性たんぱく源を「ラビット」1種類に絞りました。
「ラビット」はウサギの事で比較的アレルギーが出にくい素材と言われています。
鶏、豚、牛などにアレルギーのある子にオススメです。

●<マグネシウムとリンを調整し、尿のpHも管理>

ストラバイト(ストルバイト)結石(リン酸アンモニウムマグネシウム)の構成成分であるリンとマグネシウムの含有量を調整し、尿石の形成にも配慮しています。
※pH6.5~6.8
また、バランスのとれたミネラル含有量でによりシュウ酸カルシウム結石の形成にも配慮しています。

●<穀物不使用のグレインフリー>

グレインフリーの為、穀物にアレルギーがあるパートナー、穀類の消化が不得意なパートナーにご利用いただけます。


安心・安全なヒューマングレード



安心・安全なヒューマングレードアニモンダの原材料には、人間の食用に適した健康に問題ない動物の肉および内臓のみを使っています。
アニモンダは「羽毛、皮、角、毛、くちばし、爪 」ような副産物は一切使用していません。


・人間の食用と同等レベルの食材のみを使用しています。
・すべての動物を対象に、健康に異常がないか検査を行っています。
・すべての牛はBSE検査を受けています。
・検査で問題のなかった健康な動物の肉のみ使用しています。
・中国産材料は一切使用していません。
・リスクの高い食材は使用しません。
・人工着色料を一切使用していません。
・人工酸化防止剤を一切使用していません。
(※酸化の防止には天然由来のビタミンEを使用)
・大豆不使用。
(※遺伝子組換え大豆の混入を100%防ぐ事が困難の為、一切不使用)
・遺伝子操作された材料は使用していません。





【animonda アニモンダ】インテグラプロテクト センシティブ(アレルギーケア)ドライフード 4kg

商品番号 gp0002
販売価格 ¥ 8,580 税込
[ 86 ポイント進呈 ]
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

おすすめ商品

前へ
次へ